Oil tank data

 横浜油槽所  六連油槽所  彦島油槽所  福岡油槽所  佐世保油槽所  長崎油槽所  長崎漁港油槽所  鹿児島油槽所



ターミナルに設置された、桟橋や荷役/出荷用設備により、迅速な入出荷が可能。さらに、安全設備や監視システムが安全操業を実現。


横浜油槽所
横浜油槽所横浜油槽所横浜油槽所
横浜油槽所


JAB SGS
本社:横浜油槽所
神奈川県横浜市鶴見区大黒町12番地69
TEL.045-501-8831 FAX.045-501-8837

横浜油槽所は横浜と川崎の中間にあたる鶴見に位置し、首都圏へは1時間以内でアクセスでき、急なニーズにも迅速な対応が可能です。横浜港に面した桟橋には、最大載荷重量95,000トンまでのタンカーが接岸できます。原油、ガソリン、灯軽油、重油用タンクを合計34基備え、総容量117,000klを誇ります。
タンクローリー出荷設備を合計30車線分配置しています。

桟橋設備
1号桟橋 最大着桟船舶 載荷重量トン 5,000以下
2号桟橋 最大着桟船舶 載荷重量トン 2,000以下
3号桟橋 最大着桟船舶 載荷重量トン  200以下
5号桟橋 最大着桟船舶 載荷重量トン 95,000以下

タンクローリー出荷設備
第1ローリー積場 12車線
第2ローリー積場 18車線

貯蔵設備
容積(KL) 基数 合計(KL)
17,000 2 34,000
6,400 4 25,600
6,100 1 6,100
5,500 1 5,500
3,500 4 14,000
3,300 2 6,600
3,000 3 9,000
2,190 1 2,190
2,000 5 10,000
その他 11 4,055
合計 34 117,045

品質への取り組み
横浜油槽所ではISO 9001:2008の認証を取得
登録日 2011年4月10日
登録番号 JP11/062253
規格 JISQ 9001:2008 (ISO 9001:2008)
対象範囲 石油製品及び化学製品の入出荷及び保管

環境への取り組み
横浜油槽所ではISO 14001:2004の認証を取得
登録日 2001年12月21日
登録番号 JP10/071032
規格 JISQ 14001:2004 (ISO 14001:2004)
対象範囲 石油製品及び化学製品の入出荷及び保管


▲このページのtopへ